スポーツ

中日が画策する「広島の中絶スキャンダル捕手」緊急補強の内幕

中日が画策する「広島の中絶スキャンダル捕手」緊急補強の内幕

 来季、最下位からの脱出を目指す立浪中日が、広島から中村奨成を獲得する可能性が浮上した。スポーツ紙遊軍記者が、中日の内情を説明する。

「今オフ、京田陽太を放出するなど積極的なトレードを仕掛けてきた立浪監督ですが、まだまだ補強には積極的なようです。特に正捕手・木下拓哉に次ぐ、将来性のあるキャッチャーが欲しいのだと」

 その第1候補が、広島で中絶騒動を起こしてチームから浮いている中村奨成だというのだ。

 中村は広陵高1年春から正捕手の座を獲得。第67回夏の甲子園大会では、PL学園・清原和博が樹立した1大会の個人最多本塁打記録の5本を更新するなど、大活躍した。17年のドラフト1巡目で、広島と中日から指名を受けて抽選の末、地元・広島に入団した、超高校級の捕手だった。

 だが、入団以降は伸び悩み、今季の出場もわずか27試合。0本塁打、5打点、打率1割9分3厘で長期間、ファーム暮らしを余儀なくされている。

 10月にはSNSを通じて知り合った30代女性と親密な関係となり、新しい生命を授かったものの、中絶を要求したトラブルが発覚。公私ともに厳しい立場に追い込まれている。

 そこに目をつけたのが、中日だった。元々、ドラフトで1位指名したほど、その素質を高く評価している。さらに立浪監督の懐刀である西山秀二バッテリーコーチの存在も大きいという。

「西山コーチは広島に在籍していたことから、今も広島球団内に人脈がある。そのパイプを使って、中村の状態をチェックしているようです。環境さえ変われば化けると踏んでいるようです」(在阪スポーツ紙デスク)

 同期には史上最年少の三冠王・村上宗隆(ヤクルト)や日本ハム・清宮幸太郎がいたが、彼ら以上の逸材という評価もあった。甲子園のヒーローだけにスター性もあり、営業面でのプラスもある。しかも、現在はチーム内で微妙な立場で、獲得に際して支障はほとんどない。

 とはいえ、中日で中村が覚醒できるかどうかは、本人次第だろうが。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ:

SPECIAL

2022有馬記念 ウハウハトークバトル「これが答えだッ!」(1)ヴェラアズールは力のいる馬場でも大丈夫

Sponsored

ネットで読めるアサヒ芸能「アサ芸プラス」

カテゴリー: スポーツ | タグ: |

マウンドに詰め寄った張本勲が投手の胸ぐらをつかんで…「3死球ブチ切れ事件」の驚くべき舞台裏

Sponsored

ネットで読めるアサヒ芸能「アサ芸プラス」

カテゴリー: スポーツ | タグ: |

2022有馬記念 ウハウハトークバトル「これが答えだッ!」(2)マーカンド騎手のジャスティンパレスが穴

Sponsored

ネットで読めるアサヒ芸能「アサ芸プラス」

カテゴリー: スポーツ | タグ: |

YOUは何しに巨人へ? 松田宣浩がクビ寸前…2軍投手も打てなくなった「熱男の落日」

Sponsored

ネットで読めるアサヒ芸能「アサ芸プラス」

カテゴリー: スポーツ | タグ: |

2022有馬記念 ウハウハトークバトル「これが答えだッ!」(3)破壊力あるボルドグフーシュの良血開花!

Sponsored

ネットで読めるアサヒ芸能「アサ芸プラス」

カテゴリー: スポーツ | タグ: |

注目キーワード

人気記事

1
ア然!「サンデーモーニング」が中国の肩を持つ「原発処理水の風評被害拡大」発言
2
【巨人戦力外】2000安打を達成したい中島宏之がハマる球団はDeNAか西武か
3
宇垣美里、またしてものコスプレ仕事にファン「見たいのは違う!」総ツッコミ
4
安倍元総理を銃撃!逮捕された男は「発砲した直後、銃を捨てて呆然と立っていた」
5
ジャニーズ会見中継に被害者が首を振った東山紀之の「現場を見たことがない」発言